KPR/開幕ペナントレース

1969:A Space Odyssey?Oddity!

1969年:宇宙の旅を果たした宇宙飛行士達が、

出口なき宇宙空間で

”1969年” の出来事を繰り返し、体験していく。

 

此処ではない何処かに行ける確信を得た彼らだが、

辿り着く景色は常に奇妙に ”1969年” であった...

 

(2016年韓国公演)

​劇評抜粋

Review excerpt

Inclassable, surréaliste, ce spectacle tokyoïte est une vraie expérience artistique.
「カテゴライズを拒否するこのシュールなトーキョー発の作品は、本物のアーティスティックな体験だ。」

La Provence

by Johan Barthélemy

Autant alors vous prévenir de suite : votre atterrissage risque d’être mouvementé.
「あらかじめ言っておく。この衝撃的な作品を観てしまったら、もはやこの〝地上〟へ帰還することはできないかもしれない、と。」

Théâtrorama

by David Simon

Please reload

​ポスター

Posters

​演出ノート

Direction note

来るべき瞬間は来ないのかもしれない。地球は破壊されないのかもしれない。

しかし、地球が破裂するならば、その断片は散らばるだろう。

その時、彼らはその断片を集め、スペースシャトルを作ろうとするだろう。

足下には組み上げられなかった断片が歴史の跡を彩っていく。

起こらなかった事こそが歴史の彩りの一部なのだ。

 

(2016年韓国公演)

​上演履歴

Performance history

2018年06月

@Teatrul Tony Bulandra ※BABEL F.A.S.T(ルーマニア・トゥルゴヴィシュテ)

 

2018年03月

@演劇専用小劇場 BLOCH(日本・札幌)

 

2016年11月

@CJ azit(韓国・大学路)※2016 ST_BOMB

 

2016年07月

@せんがわ劇場(日本・調布) ※第7回せんがわ劇場演劇コンクール

 

2016年05月

@Thong Lor Art Space(タイ・バンコク)

 

2016年03月

@下北沢「劇」小劇場(日本・下北沢) ※若手演出家コンクール2015

 

2015年10月

@キャルダール劇場(チュニジア・チュニス)

 

2015年07月

@ダンフォー劇場(フランス・アヴィニョン)

 

2015年02月

@下北沢小劇場楽園(日本・下北沢)

​レビュー

Reviews

ルーマニア公演でのレビュー

​ようこ交流基金  The Yoko Foundation

Babel Festival- Space Odyssey, directed by Yu Murai, KPR Theater Japan

08/06/2018 
http://artelespectacolului.oficialmedia.com/babel-festival-space-odyssey-directed-by-yu-murai-kpr-theater-japan

Astăzi se vor auzi aplauzele de final – BABEL F.A.S.T. 2018 TÂRGOVIȘTE

https://jurnalspiritual.eu/astazi-se-vor-auzi-aplauzele-de-final-babel-f-s-t-2018-targoviste/

Babel Festival – Workshop with Yu Murai from Japan, KPR Theater

(村井雄による現地ワークショップの模様)

11/06/2018
http://oficialmedia.com/babel-festival-workshop-with-yu-murai-from-japan-kpr-theater/#.Wx4p4pzI-gc.facebook

フランス公演でのレビュー

La Provence by ジョアン・バルテルミー[Johan Barthélemy]

1969 : A Space Odyssey? Oddity! (***)
APOOON ! Tout ce que vous avez toujours voulu savoir sur l’espace sans jamais oser le demander ! Décapant, pour leur première venue au festival, la compagnie nippone Kaimaku Pennant Race nous présente un véritable ovni. 1969: A Space Odyssey? Oddity! est inspiré du “Huis clos” de Sartre, mis en scène dans l’espace ! Le metteur en scène Yu Murai a choisi l’œuvre de Sartre spécialement pour Avignon. Tout un programme donc pour cette compagnie qui a déjà connu le succès à New York et qui souhaite se lancer dans une tournée européenne après le festival. 1969: A Space Odyssey? Oddity! met en scène trois acteurs dans leur combinaison moulante blanche qui répètent à l’unisson les évènements du premier alunissage de 1969. Dans une chorégraphie moderne très « 2001, l’Odyssée de l’espace », les acteurs tentent de répondre énergiquement et en japonais – surtitré en anglais – à la question: est-ce que la science a dépassé l’histoire ? Inclassable, surréaliste, ce spectacle tokyoïte est une vraie expérience artistique.

Johan Barthélemy 
07/17/2015

​ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1969 : A Space Odyssey? Oddity! (***)

JAPOOON! あなたがずっと知りたいと思っていて、いままで訊くことができなかった〝宇宙〟についてのすべてがここにある。アヴィニョン・フェスティヴァル初参加のニッポンのカンパニー、開幕ペナントレースは、斬新なやり方で本当の〝未確認飛行物体〟を提示する。『1969 : A Space Odyssey? Oddity!』はサルトルの『出口なし』にインスパイアされ、舞台を宇宙空間に移した作品だ。演出の村井雄はフランス公演のためにサルトルを選んだ。ニューヨーク公演で成功をおさめ、今回のアヴィニョン公演をヨーロッパツアーへつなげることを目指している。『1969: A Space Odyssey? Oddity!』の舞台上では、全身を白のジャンプスーツに包んだ3人の俳優が、人類が初めて月に一歩を踏み出した1969年のさまざまな事象を反復する。「科学は歴史を超えてきたのか?」俳優たちは『2001年宇宙の旅』的な現代的コレオグラフィで、この問いにエネルギッシュに答えようとする。カテゴライズを拒否するこのシュールなトーキョー発の作品は、本物のアーティスティックな体験だ。
2015年7月17日(金)
(訳:中島香菜)

Théâtrorama by ダヴィッド・シモン[David Simon]

1969 : A Space Odyssey? Oddity!
1969, année cosmique. L’homme franchit l’ultime frontière en posant le pied sur la lune…

2001 : A Space Odyssey de Stanley Kubrick remporte un succès triomphal etSpace Oddity, un des morceaux les plus emblématiques de David Bowie, fait vibrer les radios. Quarante-six années plus tard, vous allez assister à la transposition du Huis-clos de Sartre dans l’espace par une troupe nippone décomplexée, s’aventurant allègrement au delà des codes du spectacle vivant.

Souvenez-vous. Les protagonistes de Sartre, isolés dans une pièce imperméable et close, n’avaient rien en commun et tentaient de comprendre le pourquoi de leur situation. La Cie Kaimaku Pennant Race décide de s’approprier le texte pour mieux le décloisonner. Irracontable, cette expérience théâtrale post-moderne n’en est que plus fascinante. Trois astronautes vêtus d’une combinaison blanche moulante gesticulent et se contorsionnent en s’époumonant, sur un plateau cerné par des écrans qui diffusent des images et des textes en anglais. Il ne semble pas y avoir de bornes ni de limites sur le territoire qu’ils arpentent, à tel point qu’ils n’hésitent pas, lors d’un passage surréaliste, à monter parmi vous sur les gradins pour vous demander avec insistance où se trouve le sud.

Vous comprenez alors très rapidement que les astronautes/comédiens cherchent désespérément une boussole qui leur indiquerait la présence du moindre petit repère. Car il s’agit bien ici de parvenir à reconquérir un semblant d’organisation, donc d’existence, dans un espace-temps devenu incompréhensible à un cerveau désorienté par le manque de références et de balises. Même une lampe torche directement greffée dans leur bouche ne les guidera nulle part.

Derrière chaque porte, une autre

Par un impressionnant travail du corps, les comédiens vous donnent le sentiment d’être redevenus des enfants perdus en appelant désespérément à leur mère. Ce retour à l’état primitif, symbolisé par l’apparition de l’australopithèque de 2001 sur une TV et d’un monolithe au fond du décor, voit la situation se dégrader progressivement à force de vaines répétitions et d’illusoires libérations. Il est beaucoup travaillé sur la fragmentation, la reconstitution des morceaux épars. Quand une boule disco explose et libère une myriade de petites pièces, les organismes/astronautes se précipitent sur le tas d’objets mais ils n’arriveront à rien recomposer. Tout espoir est vain et rien ne viendra rebâtir un semblant d’ossature. La grande question : « la science a t-elle dépassé l’histoire ? » restera sans réponse.

C’est une véritable expérience de laboratoire que vous allez vivre. Les trois comédiens dégagent une énergie phénoménale sans jamais fléchir un instant. Vous allez très vite perdre pied mais vous ne relâcherez jamais l’attention. La mise en scène de Yu Murai (fondateur de la Cie), fusionnée avec la superbe lumière de Taro Nishimura qui alterne entre le bleu froid et le rouge vif, entretient une inexorable fascination grâce à une pléthore d’idées délirantes comme cette partie de tennis au ralenti sans raquette ni balle ! Vous allez, tels des cobayes, atteindre les lisières de l’univers connu, donc de vos propres limites, dans ce qu’il faut bien qualifier de performance insensée qui parvient, le temps d’une petite heure à vous faire oublier l’existence du monde réel. Autant alors vous prévenir de suite : votre atterrissage risque d’être mouvementé.

David Simon
01/08/2015

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1969 : A Space Odyssey? Oddity!

1969年、宇宙の年。人類は月へ一歩を踏みだし、最後の境界を越えた……
その年、スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』が成功をおさめ、デヴィッド・ボウイというアーティストを象徴する作品のひとつ「スペース・オディティ」がラジオを振るわせていた。それから46年後、あなたは、ニッポンの発想力に富んだカンパニーによるサルトルの『出口なし』を宇宙空間に置きかえた作品を目撃することで、ライヴ・アートのコードの向こう側に不意に足を踏み入れることになる。
思い出してほしい。サルトルの登場人物たちは、だれも入ってこられない閉ざされた部屋に隔離されていた。共通点はなにもなく、こんな状況に置かれた理由をなんとか理解しようとする。開幕ペナントレースは、この原文を作品に組み込んで、テキストの持つ〝壁〟を取り払うことにした。説明不能、そのことがこのポストモダンな演劇体験をより魅力的にしている。映像と英語のテキストが映し出されるモニターにとり囲まれた舞台上では、身体にぴったりと張りついた白いジャンプスーツ姿の3人の宇宙飛行士たちが、大声でセリフを発しながら動き回り、身体を捩じらせる。彼らの走りまわる領域には境界線も、限界さえもないかのようだ。あるシュールなシーンでは、彼らはなんの躊躇もなくあなたの座る客席に登ってきて「南はどっちだ?」と執拗に問いかけてくる。
その時、あなたたちは一瞬にして、宇宙飛行士/俳優たちが、わずかな指標の存在を指し示すコンパスを絶望的なまでに探し求めているのを悟る。なぜなら、その頭脳が拠り所も指標もなく方向を見失い、時空間が理解不能なものになったとき、ある〝構造〟のようなもの――つまり〝存在〟――を取り戻すことこそが必要だからだ。彼らの口の中に直に埋め込まれたライトも、彼らの進むべき方向を照らしてはくれない。
扉の後ろにはまた別の扉が
見事に訓練された身体の動きによって、俳優たちはあなたにまるで必死に母親を呼ぶ迷子の子どもに戻ったような感情を与える。『2001年宇宙の旅』でアウストラロピテクスの出現と背景のモノリスによって象徴されたこの原初の状態への回帰は、むなしい反復と解放の幻影のせいで状況を次第に悪化させてゆく。断片化、そして散在した断片の再構築についても多くの考察がなされている。ミラーボールのように天井に吊るされた球体がはじけ、無数の小さな破片が解き放たれるとき、有機体/宇宙飛行士たちはその物体の山めがけて突進していくが、なにも再構成することはできない。あらゆる希望ははかなく、〝フレーム〟を建て直してくれるものはなにもない。「科学は歴史を越えたのか」という大いなる問いの答えは見つからないままだ。
あなたが体験するのは本物の実験的な試みだ。3人の俳優は驚くべきエネルギーを一瞬たりとも緩めることなく解き放つ。あなたはたちまち、どう反応すればいいのかとうろたえることになるが、注意がそれることはけっしてない。冷たいブルーと鮮やかな赤を交互に使う西邑太郎のすばらしい照明とあいまって、村井雄(カンパニー創立者)の演出が、ラケットもボールもないスローモーションのテニスのシーンに見られるような、あふれるばかりのクレイジーなアイディアのせいで、抗い難い魅力を持続させるからだ。この常軌を逸したとしか言いようのないパフォーマンスの間、現実世界を忘れさせる60分弱の時間のなかで、あなたは実験用モルモットのように、未知の宇宙のはずれ、つまりあなた自身の限界点にまで連れていかれるだろう。だから、あらかじめ言っておく。この衝撃的な作品を観てしまったら、もはやこの〝地上〟へ帰還することはできないかもしれない、と。
2015年8月1日(土)
(訳:中島香菜)

チュニジア公演でのレビュー

Tuniscope

A Space Odyssey? Oddity aux JTC
Entre ciel et terre

Le Carré d’Art d’El Teatro a eu du mal à contenir le public jeudi 22 octobre, à l’occasion de la présentation de la pièce japonaise A Space Odyssey ? Oddity, produite par KPR — Kaimaku Pennant Race, mise en scène par Yu Murai et interprétée par Taka.o.k.a.saki Takuro, G.K. Masayuki, Nene Okubo et Akihiro Kohama.

L’affluence massive du public pour cette pièce est un indice sur le degré élevé de la curiosité du public des JTC à l’égard du théâtre japonais, dont les expériences sont aussi nombreuses que riches. Dès le début de la pièce, le ton a été donné. Une atmosphère surréaliste, trois postes de télévision déroulant à la fois la traduction en anglais du texte et des images indéchiffrables.

Trois cosmonautes, que rien ne rassemble, sont perdus entre ciel et terre, confrontés à leur solitude et l’incommunicabilité et à la perte certaine. Une situation de huis clos où le sens du moment n’est perceptible qu’à travers les gestes chaotiques des protagonistes. La civilisation est perdue, ce qui plonge les personnages dans un univers existentialiste où la mémoire semble incapable de restituer les clés de la connaissance.

1969, c’est l’année de la consécration de l’épopée de l’espace. On est sur la lune et bien au-delà de cette planète tant convoitée. La Terre est derrière nous, loin de nous. Il ne reste rien du passé sauf quelques miettes de souvenirs épars que les protagonistes s’entêtent à réorganiser comme des pièces de Lego.

Mais sommes-nous sur Terre ou dans l’espace ? C’est l’un des paradoxes de cette pièce où les comédiens se mélangent avec le public à la recherche d’un Sud perdu. Mais faut-il chercher le Sud ? Y a-t-il un Sud ? A défaut d’une réponse, chacun devra trouver son propre Sud, une métaphore d’une grande puissance sur le sens de la vie, de la vérité absolue… A Space Odyssey est une pièce théâtrale moderne interprétée par des monstres d’acteurs.

Auteur : A.D.
Ajouté le : 25-10-2015
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カルタゴ演劇祭参加作品『A space Odyssey? Oddity!』

宇宙と地球の間で
10月22日木曜、エル・テアトロのキャレ・ダールには、あふれかえるほどの観客が押し寄せていた。その夜の演目は、村井雄の演出、高.o.k.a.崎拓郎、G.K.Masayuki、大窪寧々、小濱昭博が出演する、日本のカンパニー、開幕ペナントレース(KPR)の公演だ。
この作品に詰めかけた大勢の群衆は、カルタゴ演劇祭の観客が、数々の豊かな実験にあふれた日本の演劇に強い好奇心を持っていることを示している。
すでに冒頭から作品の実験的なトーンは提示された。シュールな空気、テキストの英語字幕と不可解な映像を同時に写しだすテレビモニター。偶然に集まった3人の宇宙飛行士たちは、宇宙と地球との間に宙づりになりながら、孤独と通信不能、そして疑念の余地のない喪失に直面している。その瞬間の意味は主人公たちの混乱した身ぶりを通してしか認識できないが、これは『出口なし』のシチュエーションだ。文明は失われた。登場人物たちは実存主義の宇宙に投げ込まれ、記憶は “認識するための糸口” を復元できないように見える。
1969年、それは宇宙の叙事詩が捧げられた年だ。我々は月にいて、はるか彼方からこの惑星を渇望している。地球は我々の後ろに、遠くにある。過去は存在しない。ただ、主人公たちが必死になって組み上げようとするレゴのピースのような断片的な記憶のかけらがあるだけだ。
だが、いったい我々は地上にいるのだろうか?それとも宇宙にいるのだろうか?それは、俳優が観客と一緒になって失われた“南”を探す、この作品のパラドックスのひとつだ。しかし、南を探す必要があるのか?南というのは存在するのだろうか? 答えはなく、それぞれが“自分の南“、つまり生の意味、絶対的真理の意味における大いなる力のメタファーを見つけなければならない……
『A space d’odyssey』、それは恐るべき俳優たちによって演じられる現代演劇作品である。
2015年10月23日(金)
(訳:中島香菜)

タイ公演でのレビュー

The Nation by パウィット・マハサリナンド

SPECIAL TO THE NATION May 5, 2016 1:00 am

No easy way out

An absurdist Japanese performance is both enjoyable and comprehensible

THANKS TO ITS welcome diversity in programming, Thong Lor Art Space is a great place to visit on a regular basis. Just like the vibe from the restaurants, bars and nightspots for which this neighbourhood is famous, TLAS keeps its lights on, its curtains up and its vibrancy throbbing all year round.

Last month, Thong Lor Art Space hosted “Suk-ka-sak-ka-raj”, an interdisciplinary performance in which cellist Yui Cello shared the stage with an actress/illustration drawer, a ghost writer, a physical theatre artist, a contemporary dancer, independent musicians, a sound designer and a documentary filmmaker. Although they didn’t have time to work across fields, the fact that artists from so many disciplines could be seen in one work was a rare treat in this country.

Now, it’s the contemporary Japanese performance “1969: A Space Odyssey? Oddity!” by Kaimaku Pennant Race (KPR), making its Southeast Asian premiere. From the title, which was drawn from Stanley Kubrick’s masterpiece “2001: A Space Odyssey” and David Bowie’s song “Space Oddity” released in 1969, and the fact that the show was at Avignon OFF Festival, audience members were expecting either a dance performance or non-verbal comedy with plenty of music. We were all caught by surprise.

Three performers in white unitards, namely Takuro Takasaki, GK Masayuki and Yuri Morita occupied the stage while playwright and director Yu Murai, in street clothes and with a globe attached to his hat, remained downstage watching in front of his sound effects control board. Occasionally during the show, Murai poured milk from a jar and drank it from his glass. Towards the end we could see a spaceman miniature at the bottom of the jar.

Among many scenes dwelling on absurd situations, there was one in which two performers argued about a new pair and a worn-out pair of white shoes. In another – compulsory audience participation is enforced by keeping the full house lights on – all three of them, wanting to cross the border, walked into the audience stand and asked us, in Thai and English, which direction was south. We pointed them in various directions.

The show was heavily text-based and yet, thanks to the English and Thai surtitles on the four monitors placed on four corners of the stage and visible to all in the audience stand at all times, we could all understand what they were talking about. I noticed that Japanese audience members or Japanese-speaking Thais laughed more than us, so this was perhaps another case of slightly lost in translation.

The whole experience brought back a fond memory of watching Samuel Beckett’s absurdist drama masterpiece “Waiting for Godot”, which, brought me many more smiles and laughter when I was in my early 30s than it did when I was in my late teens.

“1969: A Space Odyssey? Oddity!” pleasantly reminded me that I was born and raised in the space exploration era, when there was neither Internet nor smartphones. I recalled how excited I was to watch “Star Wars” and “Star Trek” at the cinema. I also remember how my Grade 7 classmates were impressed with my class presentation on the space shuttle, using a toy my cousin brother brought for me from the US.

But I don’t think the purpose of this show was to remind me that I am now middle-aged.

In fact, while in no way political, it made me realise that in much the same way as space exploration during the past half century hasn’t progressed very much and man’s landing on the moon remains the most exciting moment, our country has been led by one military prime minister after another, with several coups in-between. Of course, we have Internet and smartphones now, but our democracy hasn’t progressed that much. Could the new constitution be a way out or would it be 1932 eternally?

MORE SHOWS

– “1969: A Space Odyssey? Oddity!” by Kaimaku Pennant Race runs until Sunday at Thong Lor Art Space, a five-minute walk from BTS: Thong Lor. Shows are at 7.30 nightly with a 3pm matinee on Sunday. It’s in Japanese with Thai and English surtitles. Tickets are Bt500 (Bt450 in advance, Bt350 for students). Call (095) 924 4555 or go to Line ID “@lvj7157z”.

– June will have Pattarasuda Anuman Rajadhon’s staging of Josh Ginsburg’s “Stick Figures”, with Thai- and English-speaking casts alternating. For more details, Facebook.com/ThongLorArtSpace.
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年05月05日

簡単な出口はなし

日本から来た無条理系のパフォーマンスは、楽しく、そしてちゃんと理解できる内容だ。

そのプログラミングの間口の広さのおかげで、トン・ロー・アート・スペースは、常連として訪れたい、素晴らしい場所だ。

このエリアを有名にしている、多くのレストランやバーやナイトスポットのにぎわい同様、TLASにはいつも灯が点り、カーテンが上がり、年間を通じて活動が途絶えることがない。

先月、トン・ロー・アート・スペースは『サッ・カ・サッ・カ・ラージ』というクロス・ジャンル的なパフォーマンスを迎えたが、チェリストのユイ・チェロの共演者は、女優/イラストレイションの描き手、ゴースト・ライター、フィジカル・シアターのアーティスト、コンテンポラリーのダンサー、インディーズ系のミュージシャンたち、サウンド・ディザイナー、ドキュメンタリー映画の作家だった。

フィールドを越えて共同作業をするだけの時間はなかったが、これほどさまざまなジャンルのアーティストが一つの作品で見られるだけでも、この国では珍しいもてなしだった。

さていよいよ、コンテンポラリーな日本からのパフォーマンス、『1969: A Space Odysey? Oddity!!』、開幕ペナントレース(KPR)の東南アジア・デビュー戦だ。

タイトルは、スタンリー・キュブリックの傑作『2001年  宇宙の旅』とデイヴィッド・ボウイーの歌『スペイス・オディティ』(共に1969年リリース)から取られたものだし、アヴィニョン・オフ演劇祭で上演されたことから、観客は、ダンス・パフォーマンスか、非言語コメディーの音楽たっぷりのものを予想しただろう。

僕たちはみんなびっくりさせられた。

3人のパフォーマーは白の全身タイツ。名前は高崎拓郎、GK.Masayuki、森田祐吏。彼らが舞台を占め、作家で演出家の村井雄は、普段着のまま、帽子に地球をつけて、舞台前寄り、音響効果のコントロール・ボードを前に見守り続ける。
開演中、時々、村井はジャーから牛乳をついで、グラスから飲んだ。
終りに近づくと、ジャーの底に、ミニチュアの宇宙飛行士が見えてきた。

無条理な設定のたくさんのシーンの中に、二人のパフォーマーが、白い靴の新品とボロボロをめぐって議論する場面がある。

別の場では、客席の照明を明るくして、即興的に観客参加を強要する場面もあり、3人は揃って越境を望んで、観客席に乗り込み、タイ語と英語で、南はどっちだ、と僕たちに訊ねまくった。

僕たちは、いろいろな方向を指さした。

ショウはがっちりとテキストに基づいたものだったが、英語とタイ語の字幕が、舞台の四隅に置かれて、どの席からも見えるように配慮されたモニターに写し出されるので、彼らが何を話しているか、すべて理解できる。

日本人や、日本語のわかるタイ人の観客は、僕たちよりよく笑っていたから、もしかしたら、この舞台も、軽く“Lost in Translation”だったのかも知れない。

この観劇体験全体が、サミュール・ベケットの無条理演劇の傑作『ゴドーを待ちながら』を見た時の愉しい記憶を甦らせてくれるものだが、それは、30代はじめに見た際、10代の終りに見た時より、はるかにたくさんの微笑みと笑いを僕にもたらした。

『1969:A Space Odyssey? Oddity!』は、自分が宇宙探検時代に生れ育ったことを愉しく思い出させてくれた、インターネットもスマートフォンもなかった頃を。

そして思い出した、『スター・ウォーズ』や『スター・トレック』を映画館で見ては興奮したことを。

さらに思い出した、7年生の時、クラスメイトたちがとても感心してくれたことを、従兄弟のアメリカ土産の玩具を駆使した、僕のスペイス・シャトルについての研究発表に。
 
しかし、このショウの目的は、僕に自分は既に中年だと思い出させることではないだろう。

実は、全く政治色がないにも関わらず、このショウは気づかせてくれた、過去半世紀の宇宙開発はあまり進んでおらず、人類初の月面着陸にまさる感動がないように、僕たちの国は、いくつかのクーデターを挟みながら、次々と、一人の軍人宰相たちに導かれていることを。

もちろん、今はインターネットやスマートフォンもあるが、僕たちの国のデモクラシーは大して進歩していないのだ。新しい憲法は出口となってくれるのか、それともここは永遠に1932年のまま出口なしなのか。

​​(訳:青井陽治)

KPR/開幕ペナントレースへの

お問い合わせはこちらから

© 2019 Kaimaku Pennant Race All Rights Reserved.