公演特設ページ

本公演は終了しました

10年振りのNYC公演、連日の超満員のお客様とともに終了いたしました。大変なご好評をいただき、メンバー一同感謝しております。

日本からもたくさんの応援のメッセージをいただき、励みとなりました。改めて厚く御礼を申し上げたいと思います。

5つの劇評を獲得いたしましたので、下記に掲載しております。いずれも高評価となっておりますので、是非ご一読ください。今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

The Front Row Center  ★★★★★

村井雄による俳優の身体論とハイレベルな笑いを駆使した素晴らしいストーリー・テリングの宵を見逃すべきではない。

THIS WEEK IN NEW YORK

文句なしにノックアウトされる作品。

次にどんな素晴らしいナンセンスを発表するつもりなのか想像もできないが、必ず見に行く​。

これまでのありがちな切った張ったと裏切りと策略に注目した『マクベス』ではない

シェークスピアの新解釈作品は星の数ほどあるが、非現実で不条理なユーモアにあふれたこの小一時間の作品は、その中で最も突出した作品の一つ

Japan Society's façade with centennial banners. Photo © Japan Society.

ジャパン・ソサエティー・ギャラリーで3月8日〜6月9日に開催される「荒野のラジカリズム:グローバル60年代の日本の現代美術家たち」展の関連事業として、『あしたの魔女ョー[或いはRocky Macbeth]』が、同ソサエティーにて主催・上演されます。

「荒野のラジカリズム:グローバル60年代の日本の現代美術家たち」展は、先駆的実験性でグローバルな意義を持ち、60年代美術をリードする日本発の表現に焦点をあてます。アートの既成概念を打破するさまざまな戦略」に満ち、パフォーマンス、メール・アート、ランド・アートなど多様な実践をふくむ、視覚芸術の定義を広げた表現を紹介するもので、『あしたの魔女ョー』が1960年代の日本でも社会現象ともなった『あしたのジョー』と『マクベス』とを融合させたラディカルな作品であることから、関連プログラムとして取り上げられました。

はじめての海外公演の地である思い入れのあるニューヨークの演劇シーンに、10年の歳月を経て再び挑むKPR/開幕ペナントレースの新たなチャレンジにどうぞご期待ください。

【あらすじ】

そこに三人の魔女がいる。

 

そして、欲深き誰の心にもマクベスは在る。

 

魔女の声はマクベス自らの心の声だ。

 

マクベスが死に、新たなチャンピオンが誕生しても、

魔女は別のマクベスに預言を囁くのをやめないだろう。

 

死した全てのマクベス達は、リングの中で新たなマクベスを待つ。

 

そして、私たちは預言に過ぎない安全神話を信じてきた。

 

バーナムの森はすでに動いている。

 

気づかぬふりをしてきた私達に、魔女は何を囁くのだろうか。

そして、私たちは次なるマクベスに何を囁くのだろうか。

 

村井雄(2017年東京公演)

【公演情報】

作品名:Ashita no Ma-Joe: Rocky Macbeth 

(日本語タイトル:あしたの魔女ョー[或いは Rocky Macbeth])

作・演出:村井雄

出演者:高崎拓郎 G.K.Masayuki 竹尾一真

期間:2019年5月15日~18日(現地時間)

・5/15 19:30~

・5/16 19:30~

・5/17 20:30~

・5/18 14:30~

・5/18 20:30~

 

会場:Japan Society AUDITORIUM

Japan Society 333 East 47th Street New York, NY 10017

ジャパンソサエティ内の公演告知ページ:

https://www.japansociety.org/event/ashita-no-ma-joe-rocky-macbeth-1

チケットはジャパンソサエティのページより購入可能です。

https://tickets.japansociety.org/shows/ashita%20no%20ma-joe-%20rocky%20macbeth/events

【上演履歴】

2018年02月、03月

@演劇専用小劇場BLOCH(札幌)

(感想まとめサイト)https://togetter.com/li/1204121

2017年08月

@下北沢楽園(東京)

(感想まとめサイト)https://togetter.com/li/1140466

2017年02月

@下北沢楽園(東京)

(感想まとめサイト)https://togetter.com/li/1079141

​本公演並びにKPR/開幕ペナントレースについてのお問い合わせはこちらから