ABOUT

 

KPR/開幕ペナントレース

2006年に『東京ラヴストーリー』で旗揚げする

2009年のアメリカ・ニューヨーク公演『ROMEO and TOILET』でThe New York Times他、各種メディアより評価を得る

2015年よりスタートした海外ツアー『1969 : A Space Odyssey ? Oddity ! 』では、その「恐るべき俳優達による現代演劇作品(Tuniscope:チュニジア)」は「本物のアーティスティックな体験(La Provence:フランス)」であり「この衝撃的な作品を観てしまったら、もはやこの "地上" へ帰還することはできない(Theatrorama:フランス)」と賞賛される(※他にも劇評/レビュー多数)

2019年にはジャパン・ソサエティより『Ashita no Ma-Joe: Rocky Macbeth』が正式招聘され、現地メディアでの5つ星含む合計5誌からの劇評を獲得する等、10年ぶりのニューヨーク公演を成功させる

海外での評価、芸術関係者の注目を集めるそのジャンルを超えた世界観は、演出家・翻訳家である青井陽治氏より「ハイパー・ナンセンスな不条理哲学喜劇」と評される

国内外からの招聘歴・受賞歴多数のシアターカンパニー

村井雄
主宰/脚本・演出

2015.11.04 髢句ケ表151104_2696.jpg

KPR/開幕ペナントレース主宰/脚本家・演出家

千葉県立船橋高校から法政大学法学部法律学科を卒業後、公務員(目黒区役所)を経て、2006年に開幕ペナントレース(現「KPR/開幕ペナントレース」)結成。以降、全作品の構成・脚本・演出を担当

ニューヨークタイムズをはじめとする海外メディアより☆☆☆☆☆(5つ星)他多数、高評価を獲得中

 

国内外からの招聘歴・受賞歴多数

東京2020パラリンピック閉会式ディレクター=AFTER THE GAMESパート担当

 

受賞歴

2012年
日本演出者協会主催若手演出家コンクール2011優秀賞・観客賞

2013年
舞台芸術財団演劇人会議主催利賀演劇人コンクール奨励賞

2014年
世田谷区芸術アワード “飛翔” 舞台芸術部門

2016年
日本演出者協会主催若手演出家コンクール2015優秀賞・観客賞
第7回せんがわ劇場演劇コンクール演出賞

 

メンバー

 

レビュー/劇評

【KPR/開幕ペナントレース】『世界に通用する「ありえない景色と本気の馬鹿」』

by 演劇ライター/猫道(猫道一家)